35歳からの妊活のポイント

妊活女性

35歳というと高齢出産に属してしまいますが、今では晩婚化が進み、初産の女性の年齢は30歳を過ぎるという事も珍しくない状態になっています。

実際に35歳から妊活をしようとする人も少なくない中、意外にも妊娠できないといった現実を知る人もいます。

35歳からの高齢出産は何が危険かというとそもそも卵子はいつまでも若々しいわけでもなく、老化を徐々に始めているのです。

卵子の老化で起こる事と言えば、受精しにくい、受精しても育たないといった事もあり、中々妊娠から出産にまでたどり着く事が難しい卵子になります。

高齢出産でよく言われるのが染色体異常など、リスクを抱えた子供が生まれる可能性が高くなるとは言います。

これは若い方でも起こりうることなので一概にはリスクとして重大ではありません。

 

女性は妊娠できる期間が限られているとも言われており、35歳を過ぎる今、効果的な妊活は母体の改善が有効です。

普段からストレスを溜めた生活をしている、喫煙している、身体が冷えている等の状態では妊娠しやすい身体とは言いにくいでしょう。

子宮は特に冷えやすいと言われており、漢方でも冷えは不妊の敵とも言われているように体を温めるという事が妊娠へ繋がりやすくなるでしょう。

 

あとは食生活にも注目したいところです。

血液がどろどろになるような脂っこいものばかり摂取していると血液の循環が悪くなる為、体の巡りとしても綺麗に循環している方が妊娠しやすいと言えます。

当然無理なダイエットも妊娠から遠ざかります。

35と数字に捉われる事無く、身体をいつまでも健康に保つ食習慣や生活習慣を心がければ自ずと妊娠しやすい体に近づいていくでしょう。